Amateur Radio

こんな事をしてきました

小学校の頃から結構理科は好きで、父親が真空管ラジオやアンプを作ったりしているのを見ていました。中学に入ると無線部があったので、早速入りました。顧問の先生はJA3AJで、無線の基礎はもちろんのこと、ものつくりの楽しさを教えて頂きました。また、この頃は5球スーパーで海外の放送局を聞く、いわゆるBCLにはまり、聞いてはレポートを送り、ベリカードを集め、遠い海外に思いをはせていました。

開 局

大学に入学するとすぐに無線の免許を取り、1968年にJA3RTU局を開局しました。もちろん,当時の無線機は現在のような近代的なものではありませんでした。私の最初のSSB送信機はヤエスのFL100Bで,ほとんどの回路は真空管で構成されていました。この無線機はすこぶる丈夫で,連続使用によく耐えましたが,VFOの安定性はイマイチでした。運用する30分前頃から電源を入れておくようにしていましたが,それでもなおかつQRHに悩まされました。受信機はトリオ(現ケンウッド)の9R59Dでした。VFOのバリコンはギヤードライブではなく,糸で動かせていました。14MHz以上の高いバンドでは感度も不足し,安定性も悪かったのでクリスタルコンバータをつないでいました。ですから,受信機はトリプルスーパーとして働いていたことになります。

Antenna 1968

私の最初のアンテナは自作したロータリーダイポールでした。もちろん指向性はありませんが,エレメント方向の局と交信するためには家の外に出てアンテナを回してやる必要がありました。Antenna 19701970年に2級免許を取得,14MHzで運用できるようになりました。その機会にアサヒ精鋼のAS-33という3エレメントのトライバンド・ヤギアンテナを購入しました。何分,貧乏学生だったため,他のリグはそのまま使わざるを得ませんでした。それでも,この構成で多くのDX QSOをすることができました。特にアメリカのハムたちとしゃべり込むことが多くなり,そのうちの一人が,ラグチュウクラブ(Rag Chewers' Club)に推薦してくれるほどでした。また、恩師、JA3AJさんたちと京都DXクラブに属し、無線だけではなく、海へ行ったり、宴会をしたりといろんな事を楽しみました。その後海外へ留学することになり,1974年以降はほとんど運用しなくなりました。

そして再開!

1985年になって,移り住んでいた福井市で再び開局することにしました。しかし,長いQRTの間に,アマチュア無線の世界はすっかり様変わりしており,「浦島太郎」状態でした。全て半導体化し,マイクロプロセッサで制御されている小型のトランシーバーは特に驚かされました。かつて,CQ誌で紹介された航空機に積まれているというオートマチックアンテナチューナーを驚異の目で見たものでしたが,それが簡単に手にはいるようになっているのも感動物でした。アパマンハムだったため,5バンドGPアンテナとヤエスのFT757GXで再開しました。このトランシーバーを使い,同時にHFモービル局も開局しました。HF帯でモービル運用するのは,かつて高校の恩師であるJA3AJが車からDX QSOをするのを見て以来の夢でした。